ヴァルハラプライベートクラブは資産運用の必要な情報を提供してくれる

高校生までは同級生との交流が多かったのですが、大学生になってからは受講する講義でも年上の人と一緒になることが多くなり、サークルなどでも自分より経験が豊富な学生と知り合う機会が増えました。すでに就職活動中の学生と話す機会もありましたが、多くの学生が将来について真剣に考えている人が多いと感じました。

高校生の時の友人とは将来について漠然とした夢を語り合ったことがありましたが、大学で知り合った友人は具体的な将来設計を立てている人が多いと感じました。資格を取得したり、起業を希望する人は資金集めに奔走している、さらにアルバイトは就職するための足掛かりだと考えている人も多くで、驚くことが何度もありました。自分も将来について真剣に考える時期にきていると刺激を受けるようになりました。

NISAが解禁されたことによって学生でも小額から株投資ができたことで、周囲には株式投資で資産運用をしている学生が思いのほか多いことに気付きました。将来のことを何も考えていなさそうな外見をしている学生でも、スマートフォンを必死になって見ているので何をしているのかと尋ねたら、資産運用のために購入した株の値を確認しているということでした。その他にも自分の保有する株が値上がりしたり値下がりする要因はないか、常に情報を得るためにチェックしているということでした。今から資産運用をしておけば、就職に失敗して一時的にフリーターになっても資産さえあれば安心だと話す学生を見て、先の先を見据えることが必要だと実感しました。そこで自分も資産運用を小額から始めようと考えて、ヴァルハラプライベートクラブに入会することに決めました。

ヴァルハラプライベートクラブは資産運用に必要な情報を提供してくれるので、自分では情報収集が足りないのではないかと不安になるときにサポートしてもらっています。自分で集めた情報の信ぴょう性を確かめることにもなり、とても役立っています。