資産運用をするために動き出したヴァルハラプライベートクラブ

かつてITバブルと言われていた時期があり、その当時は関連銘柄達が大いに賑わっていました。株式を利用して資産運用をしている人の中には、ヴァルハラプライベートクラブの姿もありました。彼らは周囲が騒いでいる今が売り時と考え、所持している銘柄を全て売り払い、巨万の富を得たと言われています。この時の出来事は投資家の間でしばらく噂になりました。

時は流れヴァルハラプライベートクラブは、資産運用のターゲットとして、鉄鋼や証券株を買い漁りました。この時期は投資をするのはまだ早いと言われており、この時の行動は歓迎されませんでした。ところが、数年の月日が流れると日本株に活気が戻ってきたため、彼らの投資スタイルを褒める動きが出てきました。そして日経平均がITバブルと同じ価格に近づくと、頃合いと見たヴァルハラプライベートクラブは、以前と同じように手持ちの株を全て手放しました。売却をすることで得た利益は、多額な額に上ったため、儲けの一部をどこかの地域へ寄付しています。
寄付をした話は瞬く間に全国に広がり、資産家達が真似をするきっかけにつながりました。

ヴァルハラプライベートクラブの資産運用スタイルは、長期投資が主なやり方です。発行している本にも書かれていることですが、資産運用の基本とも言えるこの方法は、真似をすることが難しいと語る人が多いです。その理由は、携帯端末で株価を見る人が増えたことが挙げられます。これは秘密の情報ですが、彼らは驚くべきことに、携帯電話を所持していません。これは株価を毎日見ないようにするためでもあります。毎日株価を見るとすぐに売りたくなるので、それを防ぐ効果が期待できる手法です。
ヴァルハラプライベートクラブは、株価のチェックは毎日行わず、普段は為替と金利を調べて生活しています。為替が大きく動けばそれだけで株価が変動するので、ここを見ていれば大まかな相場の動きは予想できます。それに金利の数字が高い時は、株を買うより定期預金やMRFに保管させておく方が儲かるサインです。これらが為替と金利を調べている理由です。