ヴァルハラプライベートクラブで少額の資産運用をする

大学を卒業してから家業を継いで、個人事業主として働いています。商店街にあるお店の1つになるため、定期的に会合を開いて、商店街を活性化させるために必要なことを話し合っています。仕事の話が終わると、これからの経済の動向や将来についての不安がよく話題になります。

個人事業主にとっては、将来もらえる年金は国民年金になります。会社員の場合は厚生年金を受給できる人が多いですが、個人事業主は厚生年金よりも支給額が少ない国民年金になるので老後が心配だという話になります。メディアでも厚生年金を受け取っても貯金を切り崩さなければ、老後に余裕のある生活はできないと報道しているので、国民年金しか受給できないのであれば不安しか残らないと考えるようになりました。貯金できるうちに貯金をして資産を増やすことを心掛けることが大事だということで、いつも話は結末を迎えます。しかし毎日の生活でもそれほど余裕がないのに、今から将来のための貯金をするのは難しいと考えました。

そこで副業を行うことを検討しましたが、時間的にも体力的にも無理だと考えました。そんなとき、海外では投資をすることによってその配当金で生活をしているという人を知る機会がありました。定職を持たずに、自分の趣味だけに没頭して人間らしい生活をすることが大事だと考えている人たちでした。日本人にとっては働くことが美徳だと考える傾向があるので、定職を持たないのは難しいと感じました。しかし働きながら投資などの資産運用をすることで、収入が増えますから生活が楽になるのではないかと考えました。今までは資産運用は難しいという意識がありましたが、ヴァルハラプライベートクラブに相談したことで資産運用に対するイメージが変わりました。

ヴァルハラプライベートクラブに加入したことによって、少額からの資産運用ができることを知ることができました。リスクを抑えるので劇的に資産が増えることはありませんが、少額から始められるのは魅力ですし、長い目で見て資産を増やすことができれば将来の生活には間に合うと感じました。