ヴァルハラプライベートクラブでの資産運用とお金の関係とは?

ヴァルハラプライベートクラブで資産運用をするためには、たくさんのお金が必要になります。富裕層向けの資産運用の方法なので、これはある意味で仕方がないでしょう。ヴァルハラプライベートクラブはリスクがほぼゼロの資産運用の方法です。この意味では、ヴァルハラプライベートクラブは投資とは異なると思われます。投資はどちらかというと、FXのようにハイリスク・ハイリターンなものを指します。たくさんの資産を持っている人が、安全な方法でお金を確実に増やしていくという意味では、ヴァルハラプライベートクラブは投資ではなく、資産運用と言えるでしょう。

問題は、どのくらいの割合で増やしていけるのかということですが、これはケースバイケースなので一概には言えません。しかし、一年間で1割の資産を増やせるのだとしたら、かなり魅力的な資産運用の方法となります。1億円の資産が、1年後には1億1千万円となっているということです。2億円の資産を持っている人なら、年収は2千万円は確実です。

資産が1000万円しかない人では、年間あたりの利益が100万円にしかなりませんので、これだけでは食べていけません。しかし、リスクがゼロで資産を増やしていけるのですから、ほとんどの人が手を出したいと考えるでしょう。実際には、そのようなことは難しいです。なぜなら、ほとんどの人が手を出してしまったら、とっくに稼げる方法ではなくなってしまっているからです。すべての人が等しく豊かになるということは、夢のような話です。実際にはうまい話というのは、早いもの勝ちであり、努力をしている人だけが勝ち取ることができます。

ヴァルハラプライベートクラブは、富裕層向けですので、2億円程度の資産は持っていなければなりません。若い頃に努力をしてお金を稼いだ人向けとなりますが、親から土地などを相続して、大きな資産を持っている人も、あてはまります。少数の人だけができる、特別な方法なので、リスクゼロで儲けることができるということでしょう。