ヴァルハラプライベートクラブに入会して資産運用を始めました

3歳年上の姉がいますが、姉は大学を卒業してから就職して独り暮らしを始めました。

仕事にやりがいを感じているようで、お盆やお正月くらいしか実家には帰省しません。ただ姉は小さい頃から先見の明がある賢い子供だったので、両親も独り暮らしをしてあまり連絡をしていなくても気にしていないようでした。

そんな姉が就職して5年目に、資産運用をするためにアパートを一棟購入したと言い出したので驚きました。よく話を聞いてみると、姉は生涯独身で生きることを決めているようで、そのためには老後には十分な資金が必要だと考えたようです。

ただ定年退職するまで働いたとしても、老後も安心して暮らせるような資金が得られるのか不安になったということでした。しかも独身なので結婚相手のように頼る相手がいませんから、介護が必要になったときの対策もあらかじめとっておきたいということでした。

そのためには経済的な余裕があることが欠かせないということで、早くから資産運用を始めようと考えていたようです。そして就職してすぐに、ヴァルハラプライベートクラブに入会して、自分のライフスタイルや将来設計に合った資産運用方法のアドバイスをもらったということでした。

姉も博識なため経済については詳しいのですが、ヴァルハラプライベートクラブにはファイナンシャルプランナーなどさらに専門知識を持った人が揃っていて、その人たちに直接相談できることがとても役立ったと話してくれました。

姉は様々な資産運用を考えたようですが、不動産投資が自分に合っていると判断したようでした。そして中古のアパート一棟を購入してリフォームを行いましたが、その費用はローンを組んだということでした。

まだ若いのにローンを組んで大丈夫なのかと心配になりましたが、家賃収入がローンを上回る試算をした結果だということなので、姉の周到な準備に脱帽しました。自分も姉のように将来を見据えたいと考え、ヴァルハラプライベートクラブに入会して資産運用を始めたところです。