ヴァルハラプライベートクラブの情報で資産運用を行うことを検討中

小さい頃に親から自分名義の貯金通帳を作ってもらったことによって、貯金をする習慣が身につくようになりました。

お年玉は欲しいものを購入して残りはすべて貯金し、お小遣いもやりくりをしながら使うので貯金をおろしたことがありません。そのため貯金は増える一方でしたが、ここ10年ほどは預けていても利子がほとんどついていないことに気付きました。日本は長期型の不景気に突入しており、さらに世界的にも経済の先行き不透明が進んでいます。マイナス金利の導入などもあり、銀行口座に預けていても資産が増えず、全く資産運用ができていないことになりました。

このままでは資産を増やすどころか、眠ったままなので経済の停滞につながってしまうと考えるようになりました。海外と比べても日本の安定志向が強く、タンス貯金が多いという統計が出ています。タンス貯金や銀行に預けていることによって元本保証をされるというメリットはありますが、それ以上の資産は増えないということになります。ある程度のリスクを覚悟して資産運用をしなければ資産は増えないと考えましたが、それでもリスクを最小限に抑えたいと考えるのは当然です。

そこで資産運用をしたいと考える人のサポート役になってくれるヴァルハラプライベートクラブに入会することを決めました。ヴァルハラプライベートクラブに加入することによって、ファイナンシャルプランナーなどお金に関して専門的な知識を持っている人たちから適切なアドバイスを受けることができます。わかっているようでいて詳しくは知らない株の仕組みや為替の変動などを、専門用語を丁寧に解説しながら教えてくれるので勉強になっています。情報が過剰にあふれる現代で、信憑性のある情報だけを抜き出してまとめてくれるので、それを資産運用の参考にすることができます。

安定性を求めることも重要ですが、ある程度のリスクを享受しながら資産投資をすることがこれからの時代の流れかもしれないと考えています。