もっとわかりやすく資産運用

ヴァルハラプライベートクラブや色々な資産運用がありますが、初めてとなると何から手をつけていいかという状態になると思います。どんな資産運用があるかというお話は以前にもしましたが、それを見て、はじめてみたという方はおられますか?

そんなにすぐにやってみるものでもないですよね。重い腰はあがりにくいです。
でもまずは、やってみる事ですよ。何事も。
ある程度の資産があるのでしたら、定期預金でもまずはいいと思います。

しかし、何もしないよりはいい程度です。
資産運用はお金がある人がするもののイメージがありますが、お金を増やしたいと思うのは、お金を持っていない人がより思うものです。
なので、10万円持っていたらどうするか、10万円でできる資産運用。

まず、資産運用を始める前に、証券会社の口座の開設が必要です。

口座を開設し、お金を入金して、株や投資信託を買います。
その取引には、スマホやパソコンでできるので、お手軽にできて便利でしょう。
金額も、投資信託やETF(上場投資信託)は1~2万円でできます。
最も安価で投資できる、単元未満株制度を利用すれば、毎月100円からの投資も可能です。投資信託の積立制度(積立投信)も安価で、最低500円から利用できます。
その安さですから、そこからはじめてみるといいでしょう。

取引は全てネットでできます。電話したり、窓口にいったりしなくていいのはいいですね。
株式投資と投資信託どちらにするか?

運用資金が10万円以下で、昼間の株価の動きが気になるようであれば、投資信託がオススメです。一方、短期間に大きな利益を出したかったり株主優待を利用したいのであれば、株式投資がオススメです。

もちろん、同時にもはじめられますから、もう少し予算に余裕があれば始めてみるのもいいでしょう。一つの証券口座で、2つはじめても大丈夫です。

当初いったとおり、安くとりあえずはじめてみる、ということだけ考えてみれば、投資信託がいいかもしれないですね。ただし、株式よりも、わかりにくい商品も多く、適当に商品を選んでいたら、気付けばハイリスク商品に投資をしてしまっているなんてことになるかもしれませんので、商品選びは慎重に行わないといけません。