ヴァルハラプライベートクラブのみそ

少ない資産で始める資産運用もありますが、投資は基本的には富裕層がするものだというイメージがありますよね。富裕層の中でも、ランクが高い富裕層「超富裕層」が存在します。
そんな方のためにヴァルハラプライベートクラブはワンランク上の資産運用も提案しています。
金融資産3億円から始めるヴァルハラフィナンシャルサービスというものです。
リスクを最小限に抑え継続的に利回りを確保したい、偏ったポートフォリオを改善したい、専任の担当者による完全プライベート運用をしたい、世界各国の投資信託で幅広く資産運用をしたい方などに向けたプライベートバンクです。
長期的な視点で資産運用をお考えの方にお勧めです。
バブル崩壊の恐れ、国家レベルでのデフォルト危機、ヘッジファンドによるパワーバランスの偏りの観点から株式・債権・投資信託 などへの投資が非常に難しく、リスクが高い時代になってきた昨今、リスク資産への投資には、適切なリスク管理やバランスのよい資産配分を行うことが重要だと。
ヴァルハラプライベートクラブは、金融情勢の現状やそれらをとりまく環境を分析し、利用者にマーケット情報を提供してくれます。
ヴァルハラフィナンシャルサービスはホームページによると、4ステップ。
まずステップ1、金融情勢の現状および今後の見通し。現在の資産状況、将来的に目指す資産規模、相続等までヒアリングをする。
ステップ2、運用ニーズと運用状況の確認。運用計画の基本となる、利用者の資産運用ニーズや運用状況を確認し分析。
ステップ3、運用計画の立案と提案
金融資産全体のバランスを考慮して、利用者の考えに合った運用計画を提案。また、運用状況によって投資方針の見直しを考えている場合は、新たな運用計画を提案する。
ステップ4、運用計画の実行
利用者と合意した運用計画に沿って運用を実行。また、投資対象である投資信託の評価・分析を継続的にモニタリング。
このようなすきのないシステムで安全な資産運用を提供してくれているようです。