失敗しない資産運用を~ヴァルハラプライベートクラブ~

勝率100パーセントを歌っているヴァルハラプライベートクラブですが、それの深層は入ってみた人にしかわかりません。
少額からでも資産運用を可能にしてくれるので試してみたらいいと思います。

今回はあえて種類ある資産運用の中から種類別にそれぞれのリスクを取り上げていきます。
・外貨預金でのリスク
為替差損が生じて元本割れのリスクがある。
手数料が高い。
円から外貨(外貨から円)に両替する際に、メガバンクで1円程度だが手数料がかかる。
外貨預金は預金保護の対象外になる。

・定期預金でのリスク
金利はほぼゼロ。
定期預金にしても金利はそれほど変わらず、流動性だけが低くなる。
100万円を0.02%と金利で銀行に預けた場合、1年後の受取利息は200円(税引き前)。
ATM手数料ほどの運用効果しか望めない。

・個人向け国債でのリスク
銀行預金とほぼ変わらないほど金利が低い。
換金が可能になるのは最短で1年後。
流動性が低い。

・外貨MMFでのリスク
為替レート次第で損失が発生する。
為替レートによっては安全性が高いと言えど元本割れするリスクがあります。

・投資信託でのリスク
分散投資できるといえど、リーマンショックのような市場全体が落ち込むような場合には、かなり大きな損失が発生する。
売買手数料のほかに、保有中でも資産の運用コストである信託報酬が必要となる。

・ETF(上場投資信託)でのリスク
ETFの商品の種類や市場全体が影響を受けるときなど、分散投資ができていても損が出ることがある。
売買手数料のほかに、保有中でも資産の運用コストである信託報酬が必要となる。

・株式投資でのリスク
必ずしも利益を上げられるとは限らない。大きな損失。
万が一、株主となっている会社が倒産してしまうと、株式は紙くずと化す。

・J-REITでのリスク
実物不動産に比べると価格変動リスクが高い。
実物の不動産に間接的に投資をしていることになるため、不動産市況全体の落ち込みには同様に影響をうけることにある。

・不動産投資でのリスク
空室が出たりすると家賃収入が安定しない。
入居者が家賃を滞納した場合、収入が入ってこない。
築年数の経過によって物件の価格は低下する。
資用不動産によっては換金までに時間がかかる。

・FX取引(外国為替取引)でのリスク
株式投資や投資信託の場合、銘柄が値下がりしたとしても、売却しなければ損失は確定しない。
計算上の損失が証拠金を上回った時点で、損失が確定。
急激な為替変動の場合、ロスカットが追い付かず、取り返しのつかない損失を被ることがある。

これらを踏まえて、失敗しない資産運用を。