資産運用の利益ってどんなもの?

資産運用をはじめて取り組む方が、商品の違いやメリット、デメリット、税金に関する知識を身に付けらえるように、わかりやすく簡潔に今後このブログでまとめていきたいと思っています。

 

資産運用に興味のある方、これから資産を増やしていこうと考えている方で、まだ基本的な知識が不足していると考えている方は、記事を読んで少しでも確認できることがあれば幸いです。

 

まず今回紹介したいと思うのは資産運用の利益の上げ方の種類についてご紹介していきたいと思います。

 

資産運用の利益の上げ方について、、、

資産運用で利益をあげるといっても、利益の上げ方はどれも同じではありません。 資産運用で利益を上げる方法は、2つの種類があります。どのような資産運用でも、利益の上げ方はこの2つのうちのどちらかにあてはまります。資産運用の種類について学ぶ前に、資産運用の利益の上げ方をよく理解しておきましょう。

 

1.資産を保有することで安定的に定期的に得られる利益。

代表的なものは、預貯金や債券の利子や株式の配当金、家賃収入です。

 

2.資産を売買することによって、その売却差益を利益として受け取る方法。

代表的なものは、株式や不動産の売却益です

 

両者は利益の上げ方だけではなく利益の大きさや安定性、利益をあげるための難易度も異なります。

 

1は、常に利益を得られるわけではありませんが、売買のタイミングをうまくあわせることができれば、大きな利益を得ることができます。

2は、資産を保有しているだけで利益を得られるので、安定的に利益を得ることができますし、利益も定期的に得られます。そのぶん利益の額は小さくなります。

 

いつかは1000万円貯めたいという人がいると思いますが、資産運用はある程度お金をもっている人が1000万円を到達するためにも有効です。

1000万円貯めるために資産運用を活用するポイントです。積立投資、ファンドの活用、NISAの活用などさまざまなコツがあります。

 

いつかは、ヴァルハラプライベートクラブのような富裕層のみが加入できるようなところに資産を任せるようになりたいですね!