プライベートクラブとは。

日本は米国に次いで富裕層が多い国といわれており、今、国内外の金融機関が富裕層向け金融サービスの顧客争奪戦が激化しています。なお調査によりますが、概ね100万ドル以上の金融資産の保有者を富裕層と定義することが多くなっています。

 

プライベートバンクは、もともとスイスで発祥し、欧米で発展した、資産額が一定以上の富裕層の顧客を対象に、銀行・証券・信託・保険・不動産など、総合的に資産管理や資産運用のサービスを提供する金融機関です。日本では、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、UBS銀行、クレディ・スイス銀行などが有名で、2015年1月には、シティバンク銀行のリテール部門が、SMBC信託銀行に譲渡されることが正式に発表となり、日本のプライベートバンク業界の動向はますます激しくなっています。

 

プライベートバンクは、老後資金や保険、子供や孫への相続対策など、家庭環境を含めて長期的な視点でじっくり相談できるパートナーとなってくれます。ゆえに満足度も高く、海外の場合は、営業員と顧客の関係が2代、3代のつき合いに発展することも珍しくないです。

 

また、一般的に市場に出回っている株や投資信託、国債などの債券の売買に適している一方、プライベートバンクは、富裕層顧客ひとり一人に、オーダーメイド された金融商品やサービスを提供しています。具体的には、発行数が限定された私募仕組債、優先出資証券そして取引一任勘定を利用した資産運用などです。

 

また、口座開設をするにあたり必要な金額が設定されてあり、金融機関によりその金額は異なっています。

日本で事業を行っている金融機関では三菱UFJメリルリンチPB証券で1億円以上、UBSで2億円以上、プライベートクラブで3億円以上、三井住友銀行で5億円以上、クレディ・スイスでは10億円以上となっているようです。

 

将来的には、プライベートバンクを利用することでさらに効率的に資産設計を行える可能性が大いにあるといえるでしょう。