小説を選びに書店へ。

入院生活に備え、本をたくさん買いに行きました。

将棋も持ち込むつもりですが、同じ病室に将棋指しがいるかわからないですから、

小説が一番の暇つぶしになりそうです。

定年してからは通勤がなくなり、本を読む時間があまり取れていませんでした。

この機会に気になる本を読んでしまおうと思い、入院生活をプラスに捉えようと思います。

最近よくテレビでお見かけする羽田さんの作品を購入しました。

羽田さんは良い意味で変わった作家さんだなと好意をもっていたので、

今回の受賞作の(スクラップ・アンド・ビルド)とデビュー作の(黒冷水)を買いました。

また、池波正太郎の(真田太平記)も買いました。

歴史物は昔から好きで、現在NHK大河ドラマで真田丸が放映されているので、

真田幸村の小説に興味を持ちました。

しかし長編で12冊と長いです。

これだけ購入すれば十分ですね♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です